LEVI’S(リーバイス)505、アイビー、プレッピースタイルのようなキレイ目のスタイリングに相性の良いデニムパンツです。

2016.04.28:yoshitaka kase

LEVI’S(リーバイス)505、アイビー、プレッピースタイルのような

キレイ目のスタイリングに相性の良いデニムパンツ。

 

・LEVI’S(リーバイス)/505テーパードストレートデニムパンツ/#5050260,#5050217/29,30,31,32,33,34,36インチ/ブラック,リジッド/13.75オンス,14オンス/コットン/ジッパーフライ/アメリカ企画

品番 : N-PT-0505

素材:100%コットン

オンス : リジッド13.75oz,ブラック14oz

原産国:メキシコ、インドネシア

LEVI’S(リーバイス)とは?

1800年代、創設者のリーバイ ストラウス氏が

テントに用いられる厚手のキャンバス地を使って

世界で初めてジーンズを商品化したことから

始まったブランドLEVI’S(リーバイス)。

1890年に501が誕生し、元々はワーカー(作業者)に向けて作られた作業着でしたが

現在に至るまでに、ベルトループの採用、デニム生地の強化

LEVI’S(リーバイス)のアイコンである赤タブが取り付けられるなど

成長を遂げていきました。

現在では、世界中の人々から親しまれています。

素材について

リジッドは13.75オンス、ブラックは14ozの100%コットンデニムを使用。

リジッドインディゴの生地は、501とは異なる

縮みを防いだ防縮加工が施されたデニム地が使用されています。

ブラックカラーは、日本未発売カラー。

通称ブラックアウトと言われ、ウォッシュ後に後染めを施すことにより

ステッチのカラーまで黒一色に統一された、ソリッドな雰囲気漂うクールな1本。

サイズ感・シルエットについて

身長170cm、体重64kgの体型で

ウエスト31インチ、レングス30インチがジャストサイズ!

501に比べて細身のシルエットとなり、特に裾幅が狭いのが大きな特徴。

腰周りはゆったり、足首に向けて細くなる

いわゆるテーパードストレートというスッキリしたシルエットになります。

サイズ W H 股下 渡り幅 前股上 裾幅
W29inch×L30inch 80cm 108cm 80cm 26cm 28cm 19cm
W30inch×L30inch 84cm 108cm 80cm 27cm 28cm 20cm
W31inch×L30inch 86cm 109cm 80cm 27cm 29cm 20cm
W32inch×L30inch 89cm 109cm 80cm 28cm 29cm 20cm
W33inch×L30inch 92cm 110cm 80cm 29cm 30cm 21cm
W34inch×L30inch 94cm 111cm 80cm 30cm 31cm 21cm
W36inch×L32inch 100cm 118cm 86cm 31cm 32cm 22cm

 ディテールについて

 

 

 

1961年、ボタンフライや洗って縮める501を嫌った東部の人々の為に

防縮加工を施して、ジップフライを採用した551ZXXを試験的に開発。

これが当時、爆発的な人気となり、1967年に505は正式に発売されました。

505特有の開閉のしやすいジッパーフライ、銅リベット、レッドタブ

アーキュエットステッチ、5ポケット等のディテールが詰まった

501と同様にデニムパンツを語るうえで、無くてはならないパンツです。

スタイリングについて

アメトラ(アメリカントラッド)やアイビー、プレッピースタイルのような

キレイ目のスタイリングによく似合うパンツ。

テーパードしているシルエットの為

オールスター等の細身のスニーカーと合わせても裾部分に収まり

引きづらず、快適に穿く事が出来ます。

この機会に是非ワードローブのヒトツに加えてみて下さい。

スタッフコメント

・Yoshitaka Kase – 身長170cm 体重64kg

今回hallelu(ハレル)が扱う505は、LEVI’S(リーバイス)社のアメリカ企画。

インポート物で、洋服に拘りを持っている方にも是非オススメな1本です。

501と同様に10代の頃から今も尚、履き続けている505。

当時から、ボタンダウンシャツやカーディガン等を着る時には

自然とテーパードしたこの505を選ぶ事が多く

裾をわざと9分丈のように1捲りして穿いています。

無骨さを感じる501に比べ、洗練された綺麗なシルエットが

気に入っているパンツです。