フランスの今はなき肉厚なカットソー

2015.10.22:yoshitaka kase

自分が20代前半、好んで着ていた

フランスの老舗カットソーブランド「オーシバル」。

フランスのカットソーブランドというと

セントジェームス、ルミノア、オーシバルが有名ですが

その3ブランドある中で、オーシバルが一番コアなイメージを感じ

そして、1950〜1960年代にかけて

フランス軍にも官給を行っていたという所にも興味を惹かれ

好んでいたブランドです。

 

今日は、僕の中で懐かしさも感じる

そのオーシバルのデッドストックモノが発掘されたので

皆さんにお届けしたいと思います。

 

Orcival/Dead Stock/Henry Neck Cut&Sewn/オーシバル/ヘンリーネックカットソー

N-CS-0006

− Size

Medium:着丈71cm 身幅51cm 肩幅50cm 袖丈61cm

Large:着丈72cm 身幅52.5cm 肩幅51.5cm 袖丈62cm

− Material

素材:コットン100%

原産国:フランス

 

2000年頭頃に作られていた現在では生産されていない希少なカットソー。

 

あまり年代は古くないですが、この手のブランドのデッドストックモノは

世の中のモール化が原因で、デッドストックの状態で発掘する事が

非常に困難になっているアイテムです。

このカットソーの特徴と言ったら何と言っても、この肉厚な生地。

10オンス以上はあるヘビーな生地で、カットソーというより

リブ無しのスウェットといっても過言ではありません。

 

この時期はトップスに

これから寒くなってきた時期にはインナーにレイヤードとして。と

色々な使い道の出来る一着です。

フロント部分がヘンリーネックとなっていて

シンプルでありながら、良い塩梅のさり気ない主張を感じます。

 

プライスもオーシバルの現行モノに比べてロープライスになり

コストパフォーマンスにも長けた逸品です。

 

今日の最後は、これまた自分の中で懐かしさを感じる

Danny KrivitのミックスをBGMにお別れです。

ではまた…