ビール系を好む方へ。-Schlitz Brewing Company-

2015.11.12:yoshitaka kase

ビール系アイテムは、古着にハマりだした10代後半頃に

販促用のノベルティーグッズ等、色々存在する事を知り

それから、ずっと個人的にも収集しているアイテムのヒトツ。

 

収集していて思うのが、バドワイザーやミラー等のビッグカンパニーは

デザインや年代を考えなければまだ市場に物は出てくるのですが

ストローズ等のコアなカンパニーはなかなかお目見えしないという事。

 

今日はそんなコアなビールカンパニーのジャケットが

デッドストックの状態で発掘されたので、ご紹介したいと思います。

 

SCHLITZ/1980s/Dead Stock/Work Jacket

シュリッツ/80年代/デッドストック/ワークジャケット

 

SCHLITZ/シュリッツは、ミルウォーキーに拠点を置く

老舗アメリカンビールカンパニー。

当時、ブルーカラーと言われる

労働者階級の人達が飲むビールの代表とされていたビールで

『ミルウォーキーを有名にしたビール』という

キャッチコピーでも知られていました。

 

現在はクラシックスタイルの復活という戦略で

“1960年代に生産されていたシュリッツを再現した”ビールを製造しています。

 

そのシュリッツ、実は80年代初頭に経営不振からストロー社による買収攻勢を受け

その後ストロー社は1990年代にパブスト社に売却。

現在は、パブストと密接な関係のあるコアなビールなんです。

 

こちらのジャケットは、1980年代にビールの配達員達が着るジャケットとして

配給されていたと思われるジャケット。

当時、Herbertさんが着るはずだった一着なんでしょうね。

 

フロントのジッパーは

ミリタリージャケットにも使用されている事も多いIDEALジッパー。

サイズは日本人好みのSmall。丈もLongとなるので

インナーに着るスウェットやシャツも合わせやすい丈感となっています。

 

数枚まとまって発掘されましたが

オンラインストアにアップされ、残すところ、あと2枚となっています。

ビール系のアイテムを好む方には是非抑えて頂きたい逸品です。

 

今日の最後は1978年に放映されていた

SCHLITZのコマーシャルでお別れしたいと思います。

ではまた…