退色の良さ

2015.08.23:yoshitaka kase

これまでの自分のブログの中でよく出てくる

“着込んで退色してからの風合いも楽しめる逸品”。や

“使い込む程に退色、風合いの楽しめる年月と共に愛着の湧いてくる逸品”。

 

本日はその中の”退色”というキーワードについて

デッドストック物とユーズド物を使って

退色の良さを皆さんにお伝えしたいと思います。

 

まずは1960年代、熱帯地用野戦服としてUSミリタリーに採用されていた

Jungle Fatigue Jacket/ジャングルファティーグジャケット

 

 

着込まれた事により退色し、デッドストックの状態だと分かりづらかった

格子状のリップストップ地がより引き立っています。

 

元々、ネームパッチが付いていた部分も退色している部分、していない部分で

変化が出た事により、ソリッドのジャケットに良い動きが出来ました。

 

 

 

続いては、1970年代USミリタリー官給されていた

Utility Shirt/ユーティリティシャツ

 

 

全体的に退色し、パッカリング部分のアタリが強調され

穿き込まれたヴィンテージデニムパンツのような

良い風合いの一着となっています。

 

 

 

 

 

デッドストックの状態からデニムパンツのように

自分で育てていくというのも愛着が湧いてきて楽しいですが

初めから良い感じに退色しているユーズドの状態も魅力的。

 

退色する前、した後でアイテムの表情が変わるというのも面白いです。

是非皆さんも退色というキーワードを感じながら

ファッションを楽しんでみて下さい。

 

本日はFrank Booker/Rotary Connection Volume TwoをBGMにお別れです。

皆さん良い週末を。ではまた…