ドイツ軍 / 1950年代 デッドストック / コットンバッグ

2017.06.30:yoshitaka kase

1950年代、ドイツ軍に官給されていたコットンバッグ。

希少なデッドストック品になります。

・ドイツ軍/1950年代/デッドストック/コットンバッグ

ドイツ軍の洗練されたヴィンテージバッグ

ドイツの洗練されたヴィンテージのバッグは、第二次世界大戦の際にもドイツ陸軍が使用していた逸品。

 

当時、過酷な状況化でも使用されていたバッグなだけに、現存する数が昔から少なく、現在ミリタリー市場でも枯渇状態にあります。

 

歴史的に見てもバッグとして資料的価値の高い、アーカイブ級のアイテムです。

1950年代デッドストックのレアなバッグ

様々なデザインのミリタリーバッグが存在しますが、その中でも特に希少性の高い逸品。

 

レアとなる理由は、1950年代当時で既にミリタリーバッグとして完成されたデザインとなっている事。

タウンユース、旅行の際にも丁度良い約30リットルのサイズ感や、大振りなフラップを開けると中は巾着型で開閉をする事が出来るデザイン性が◎。

肩掛けのストラップは、厚手のレザーが使用されているので強度もあり丈夫な作りとなっています。

 

1950年代という約60年も前のヴィンテージのバッグでありながら、細部まで拘り抜かれた珠玉の逸品です。

コットン特有の経年変化を楽しめるバッグ

100%コットンの素材で作られているので、使い込む程に退色やアタリが出てくるので経年変化も楽しむ事が出来ます。

 

年月の経過、大戦という人類の歴史の中でもとても貴重なアーカイブ。

 

戦中のデッドストック品は、ご承知の通りとても貴重となってきており、年々、減少の一途となっています。

是非、この貴重な機会をお見逃し無く。

 

ドイツ軍/1950年代/デッドストック/コットンバッグ