自分の中でスタンダードと言えるパンツ♪

2015.11.22:yoshitaka kase

穿き潰してはまた購入。を何度も何度も繰り返している

自分の中でスタンダードと言えるパンツ

USアーミー/ユーティリティーパンツ」。

 

通称「ベーカーパンツ」と呼ばれている

1960年代から1970年代にかけて官給されていたパンツです。

 

シンプルなルックスで

フロント、そしてバックに4つ付く大きなパチポケットが特徴で

どんなスタイルにも合わせやすいユーティリティー性も魅力があります。

ミリタリーパンツを語る上では外す事の出来ないパンツで

国内外の様々なブランドから、サンプリングを絶えずされている事もあり

ユーズド市場でも枯渇状態になっています。

その希少性と共にプライスも高騰してきているのも確かです。

コットンサテン100%の光沢の無い裏側を表向きに使った

バックサテンで作られているので

穿き込むと、横方向のムラ糸が色落ちして浮かび上がってきて

ヴィンテージのデニムパンツのような色落ちになるのも◎。

 

是非この機会に自分のお気に入りの一本を

見つけてみて下さい。

 

今日の最後は最近聴く事の多い

Jeremy Undergroundのミックスでお別れです。

ではまた明日♪