入手困難なヴィンテージスニーカーのご紹介。

2015.07.06:yoshitaka kase

今日は入手困難な1960年代~1980年代のヴィンテージスニーカーをご紹介。

 

世界的なブランドとしての地位を確立したAdidas(アディダス)

数々の名作スニーカーを世に輩出し、いまや知る人の方が少ない程になった

スニーカーの補強の為に編み出された3本のバンテージはブランドの象徴になり

スリーストライプラインという名称で親しまれているスニーカーブランド。

 

そんなadidas(アディダス)から、まず2足。

 

Adidas/1980’s/SuperStar/Made in France/アディダス/スーパースター/フランス製

 

 

 

 

スーパースターは、1969年に登場していらいアディダスの伝説的スニーカーとして

今もなお第一線で活躍しています。

登場当時のスタープレイヤーだったアブドゥル・ジャバーが残した

SUPER STARに対する印象的な言葉に「まるで足に三本線がプリントされているようだ」

というのがある程に素晴らしいスニーカーです。

80年代になると今度はファッションアイテムとして確固たる地位を築くこととなります。

HIP-HOPカルチャーをオーバーグラウンドに押し上げた立役者である

「RUN DMC」が愛用し、adidasのスニーカーはヒップホップカルチャーと

密接に関係するアイコン的存在となりました。

1970年代の通称単色ベロと言われている、希少なフランスメイドの一足です。

 

Adidas/1970’s/Brussels/Made in West Germany/アディダス/ブリュッセル/西ドイツ製

 

 

 

 

ブリュッセルは、1970年代から1980年代にかけて

ローマやストックホルム、ベルリン等、地名をスニーカー名に冠したシリーズの一足。

1970年代の希少な西ドイツ製となる

黒×オレンジのカラーリング、ワイズの広い現行物と違いシルエットの細いところが

特徴的なスニーカーです。

 

どちらのモデルもどんなスタイルにもフィットするスニーカーとして

スニーカーの中でも高い人気を誇り、年齢を問わず多数の人に愛されているスニーカーです。

 

 

スウェーデンはヘルシンボリにて1891年創業したシューズブランドTretorn(トレトン)。

テニス界のスーパースターだったビョルン ボルグ、アメリカのジョン F ケネディ元大統領も

愛用していた事でも有名で、当時、ミリタリーのスニーカー等も官給を行っていた

ブランドです。

 

そんなTretorn(トレトン)から一足。

 

Tretorn//1960’s/Hi Cut Sneaker/トレトン/ハイカットスニーカー

 

 

 

 

このTretorn(トレトン)のモデルは、コンバースのチャックテイラー等と

同年代に生産されていた1960年代のヴィンテージスニーカー。

そのTretorn(トレトン)のネイビー×ホワイト×レッドのカラーリングが特徴的な一足。

キャンバス地の退色が現行物で表現出来ないオールド感が存分に出ている一足です。

 

全て次回の入荷が困難を要するヴィンテージスニーカーとなりますので

是非この貴重な機会にお求め下さい。