コンバース 1990年代 ヴィンテージ ジャックパーセル スエードスニーカー

2017.11.16:yoshitaka kase

コンバースが1990年代に生産していた希少なアメリカ生産のジャックパーセルです。

コンバース 1990年代 ヴィンテージ ジャックパーセル スエードスニーカー

US表記 日本サイズ
10inch 28.5cm

素材:スエード

原産国:アメリカ

コンバースとは?

コンバースは、1908年、米国マサチューセッツ州モールデンにて、ビーコン・フォールズ・ラバー・カンパニーでマネージャーだったマーキス・M・コンバースが、降雪量が多く深い森や湿地帯の続くマサチューセッツ州の地域性に着目し、コンバース・ラバー・シュー・カンパニーを設立。

その翌年、雨や雪の中でも作業出来るラバーシューズの製造を開始しました。

 

彼の見込みは見事的中し、コンバースのラバーシューズは、その品質の高さから圧倒的な支持を受け、1910年には、従業員350人を擁する地元の有力企業へと成長していきます。

 

そして、何年もの試行錯誤を繰り返し、1917年に世界初のバスケットボール専用スニーカーを制作。

 

チャックテイラーやコーチ、プロスター等、名作といわれるスニーカーを世に送り出しました。

 

現在では、アメリカを代表する世界的なシューズブランドとなっています。

ジャックパーセルはローテクスニーカーの代名詞

「青ひげ」の名称で親しまれている、コンバース・ジャックパーセル。

 

1935年に、バドミントンのワールドチャンピオン『ジャック・パーセル』が開発に関わり誕生した、シグニチャーモデルの先駆け的アイテム。

 

シンプルで洗練されたデザインは今尚根強い人気を誇っています。

 

現在では、どんなファッションスタイルにも合わせられるシンプルさと、多彩なカラーバリエーションが人気を博し、ファッションシーンに欠かせないアイテムの一つです。

1990年代の希少なアメリカ生産

1990年代のまだジャックパーセルの生産がアメリカ生産を行なっていた時の希少な1足。

 

スエードアッパーの状態も良く、カラーも珍しいベージュとなります。

ユーズドですので、ソールの減りは若干御座いますが、長く愛用出来る逸品となっています。

 

サイズが合う方は是非お早めに。

 

コンバース 1990年代 ヴィンテージ ジャックパーセル スエードスニーカーはこちら