リーバイス 1960年代 ヴィンテージ 70505 デニムジャケット

2017.12.26:yoshitaka kase

 

リーバイス / 1960年代ヴィンテージ / 70505 / デニムジャケット

サイズ 着丈 身幅 肩幅 袖丈
M相当 57 53 46 61

素材:100%コットン

原産国:アメリカ

リーバイスとは?

1800年代、創設者のリーバイ ストラウス氏がテントに用いられる厚手のキャンバス地を使って、世界で初めてジーンズを商品化した事から始まったブランドリーバイス。

 

1890年に501が誕生し、元々はワーカー(作業者)に向けて作られた作業着でしたが現在に至るまでに、ベルトループの採用、デニム生地の強化、リーバイスのアイコンである赤タブが取り付けられるなど、成長を遂げていきました。

 

現在では、世界中の人々から親しまれています。

70505はリーバイスの傑作品です

70505は、1960年代~1970年代にかけて、リーバイスが生産していたデニムジャケット。

 

先代モデルの557と共に現代のデニムジャケットの基本形とも言えるトラッカージャケットの原型を築いたリーバイスの傑作品です。

 

 

 

 

1967年頃に行われたリーバイスのデニム製品のロット番号表記の変更によって、デニムジャケットのロット番号557から70505に変更されたことによって誕生しました。

ヴィンテージならではの良い風合い

毎年のように国内外の様々なブランドから、サンプリングされているジャケットとなり、デニムジャケットを語るうえではなくてはならない一着。

コーンミルズ社のインディゴのデニム地を使用したヴィンテージならではの良い風合いとなる魅力的なデニムジャケットです。

インナーに合わせるアイテム次第で、3シーズン着用出来、腰に巻いて、コーディネイトのアクセントとしても使用出来るアイテムです。

リーバイス / 1960年代ヴィンテージ / 70505 / デニムジャケットはこちら