ミリタリーの40sジャケット – N-4 –

2015.11.14:yoshitaka kase

ミリタリーのフィールドジャケットと言ったら

M-65がまず最初に頭に浮かんでくるかと思います。

そのM-65となるまでに、フィールドジャケットとして

M-51、M-50、M-43、M-41と前身モデルが沢山存在しています。

 

その中のM-41は、USアーミーが採用した

フィールドジャケットの一番最初となる貴重なモデル。

今日はその貴重なモデルM-41と同時期にUSネイビーに官給されていた

M-41よりも希少とされるN-4というモデルをご紹介したいと思います。

 

US Navy/1940s/N-4 Jacket/古着/USネイビー/1940年代製/N-4ジャケット

 

N-4は、USミリタリーの数あるジャケットの中でも

比較的ラフなスタイルを持っていて

当時、民間のウインドブレーカーを参考にして

作られたと言われています。

 

M-41との違いは、両肩部分に付くエポレットが無く

よりカジュアルなデザインという事。

その着やすい分、昔から人気も高いモデル。

軍チノ等に合わせて着ている方が多かったジャケットです。

 

シンプルなデザインなので

胸元のUSNのステンシルがより引き立って見えます。

アッパーには、Jangle Fatigue JKTと同様の

コットンポプリン生地を使用しているので風合いが良く

ライニングにはウールフランネルを使っているので

保温性にも優れているジャケットです。

サイズも日本人好みの36インチ。

フロントのジッパー、タロンジップの状態も良く

長く愛用出来る逸品です。

 

今日はFloating Points & Four Tet – 16th January 2015をBGMにお別れです。

ではまた明日♪